もう困らない。子供の衣類の汚れはコレで落とす!汚れ別の洗剤の選び方。

クリーニング家事

離乳食が始まると食べ汚しをしたり、園や学校に入ると筆記具で汚したり、洗濯をするお母さんは毎回悩んでしまいますよね。何度も洗うと生地を傷めてしまったり、色が抜けて過ぎてしまったりと汚れ落としは難しいです。子供の衣類汚れについて、家事の時短にもなるおすすめの落とし方をまとめてみました。

トマトやカレーの汚れ

2歳を過ぎると、少しずつ大人と同じようなものを食べ始めトマトのパスタや、カレーを食べる機会も増えてきます。また給食でも出ることの多いメニューです。白い服を着た時に限って汚してしまいますよね、そんな時は酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)でキレイに落とすことができます。酸素系漂白剤は30℃〜50℃のお湯が過酸化水素を効率よく発生させ汚れが落ちやすくなります。酸素系漂白剤は皮脂汚れや制服の黄ばみなどにも効果があり、塩素系漂白剤と違い色落ちはしないので安心して使えます。

うんちの汚れ

乳児のいる家庭では1度は経験するうんち漏れ。乳児は白系の下着を着ることが多いので汚れ落としに悩まされます。さらに、おむつ交換の後にゆっくり洗う時間もなく、泣き止んで落ち着いてから洗うという事も多々あります。この汚れには、生理用品コーナーに置いてある経血おりもの用洗剤を浸け置きするだけでスッキリと落ちます。 

鼻血の汚れ

鼻血の汚れも経血おりもの用洗剤で痕も残らずきれいに落とす事ができます。こちらも浸け置きするだけで汚れが浮いてきて、水洗いして普段通り洗濯するだけです。

制服や体操服のえり汚れ・上靴の汚れ

制服の汚れは普段しっかり洗濯していても、襟や袖の汚れはなかなか落ちません。固形洗剤”ウタマロ石鹸”を使うと綺麗に落とす事ができます上靴の黒ずみや汚れも同様に真っ白になります

習字の墨汁汚れ

最近は洗い落とせる墨汁も販売されていますが、園や学校の指定のものを使う事が多いです。墨汁の汚れには油汚れマジックリン(アルカリ性)と歯磨き粉できれいに落とす事ができます。

まとめ

石鹸を使う場合は手が荒れる場合があるので、ゴム手袋をするようにして下さい。
必ず換気をよくして、一度に大量に使わないようにして下さい。
洗剤は誤飲防止のため、子供の手に届かない場所で保管するようにして下さい。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました